プロフィール

何も変わらなくていい。
大切なのは、自分と向き合うこと。

こんにちは、田口ゆきです。

自分と向き合う『こころノート』でのサポートを通し、自分にマルを出せるようになる毎日を応援しています。

サポートに対する想いや、私自身の経験
うまく纏まってないかもしれませんが読んでいただけたら嬉しいです。
感想コメントや、役に立ちそうだと思ったら誰かにシェアしてみてください。


田口ゆき/自分にマルを出せる毎日を応援します

✎看護師が3兄妹母になって気づいたこと
→自分と向き合い生きる力を信じる
10.7.4歳

◯自分と向き合う【こころノート】
◯暮らしの講座
◯自分軸サポート

♔ リボン講師・写真Canon x7i
 星野源・キキララ


子育てで自分と向き合うことに

サポートを始めようと思ったきっかけは、私自身の子育てがはじまった時のことです。

なにをやってもうまくいかない
それまで料理も家事もこなしていたはずなのに、何故か全然まわらない。

子どものことが心配で、ちゃんと育てられるのか、失敗しないかが不安でした。
それでも半年は育休を取っていたので、自分のペースで進めながらどうにか過ごしていました。

でも、大きな変化があったのは職場に復帰してからでした。
看護師としてフルタイムで働いていた私は、まず、ごはん作りでつまづきました。

時間がない!間に合わない!


帰宅してすぐに作り始めても
子どもはぐずるし手際良くも作れない。
夫に泣きながら、ごはん作り変わって欲しいと伝えたこともありました。

そして子どもはしょっちゅう熱を出し、仕事を休む申し訳なさと、早く治さないとというプレッシャー。

わたしには両立はできない


そう思い、パート勤務に変えてもらった時はものすごい挫折感でした。

そこからはしばらく、時間的な余裕ができてメリハリができましたが
大きくなるにつれ手がかかることが増え
片付けや洗濯物を畳むことが出来なくなりました。

そんなこんなで
【わたしはできない人だ】
というレッテルを貼り続け

2人目、3人目、と子供が増えるたび、できないことがたくさん増えていきました。

わたしには価値がない


看護師として働いていた頃には、看護師という名前で自分の存在意義を保っていたことに気づいたんです。

2人目妊娠のタイミングで夫の転勤があり、専業主婦となったわたしは
母という役割の中、できないことだらけで自分の存在意義がわからなくなりました。

自分では気づかないうちに、自己否定の思いが、子育てでうまくいかない悲しみと結びつき、子どもへの怒りになっていました。

子どもへの怒りが止められない自分はダメだ


そう思いながら、優しい母でありたい一方で、怒りが止まらなくなる。
そんな自分にまたダメ出しをして、自己否定していく悪循環だったんです。

周りの人はいつもニコニコうまくいってるのに、なんでわたしはできないんだろう


そう思いながら、対処法はないかインターネットで検索をしました。
そこで得たものを試しては失敗し
さらにダメ出し。

それでもなにかすれば、何か足りないものを補えればいいお母さんになれる、と思っていました。

もうダメだ


そう思って藁にもすがる思いで受けたのは、当時の一年以上も前に友人に勧められた
インナーチャイルドやトラウマを癒すヒーリングでした。

エネルギーをクリアにしていくセッションはヒーラーさんにお任せするものでしたが
セッションの時の会話の中で
自分の思いや感情を確認しながら話をするうちに
【答えは自分の中にある】
そう気づいていきました。

答えは自分の中にある

そこから
ノートに書くことを始め
自分の思いや感情を確認し
ネガティブなことも不安や悩みも
全て書き出していきました。

時には泣きながら
一人で自分と向き合うことを続けました。

そこで出てきたのは
最初は怒りを感じて終わってモヤモヤしていたところから
感じ切り、どうしたいのかを考えられるようになりました。
ネガティブなことも、感謝に変わることもありました。
だんだんと、前を向いていけるようになりました。

ノートで解消していく背景に
自分から発せられたものを全て認識することで
そういう思いが感情があったんだ、と受け入れていたことが
自己肯定につながっていることに気づきました。

書き出すだけで自己肯定につながる


ネガティブはダメ
ネガティブは見ない
無意識にそう思い込んでいた思考から
ネガティブだと思っている
ネガティブがあることに気づく
ノートに書き出すことで、いつのまにかどんな自分にもマルを出していたんです。

マルを出すというのは、あるということを認めること


ただそれだけで
肯定が自分を信じることにつながり、自信となり
さらに、生きる力を信じることにつながって行きました。

これがわたしの『こころノート』ができたストーリーです。

自分にマルを出せるようになる毎日を応援したい


この経験を通して
何かに迷った時
不安があった時
どうしようもない悲しみに暮れた時

それは
自分と向き合う時であり
解消して欲しいこころが存在する時であり

また
大きな変化が来る時であり
自分の中に答えを見つけ、信じられるようになる時でもあると思います。

誰かに答えを求め
不安が変わればまた答えを求める無限ループから

自分と向き合い、答えを見つけ
自分らしいビジョンを持った自分軸へシフトしていく

それを望む方に、お伝えしていきたいと思っています。

私の信念は
『生きる力を信じる』
同じ想いで繋がれたら嬉しいです。

〔SNS〕Instagram https://www.instagram.com/yuki.kodomo.life/
〔掲載〕🏠沖縄の家51+ 『暮らしの中に遊びと学びを エデュケーションハウス』